2014年05月03日

ガーネット、意味、効果

DSC_0337.JPG




ガーネットは、一般的に深紅の宝石と思われると思われがちですが、実は14種類もある鉱物グループの総称でラテン語で「種」という意味のgranatusに由来します。かつて十字軍の兵士が、血止めの薬としてまた、外傷から身を守る護符として愛用したのは、ガーネットグループの一員である。この石の深紅の色は血の色であり、生存本能をかきたてるエネルギーの源とされていました。

エネルギーを活性化させる作用と再生する作用を持つパワーストーンです。チャクラを浄化し、エネルギーをアクティブにします。エネルギーのを回復し、浄化させる効果をもたらせてくれます。

危機的な状況に持っていると有用なクリスタルのひとつです。他になすべき方法がなく、八方塞がりの状況や、生活が崩壊したり衝動的なことが起こった時にはお守りとしてもつと力をかしてくれます。絶望的に見える状況に勇気と希望をもたらします。
下垂体と強いつながりがあり、意識の増幅と過去世の想起を刺激することができます。他のクリスタルを活性化し、チャクラのネガティブなエネルギーをとりさります。

スクエアカットされたガーネットは、仕事での成功を助けます。心理面では、自分自身または、他者の知覚を研ぎ澄ませます。身についてしまった行動パターンでもはやあなたのの役にたっていないものを解消し、使用価値のない古いエネルギーを放棄するのを助けます。

レッドガーネットは、愛を象徴しています。心臓のエネルギーに共鳴して、感覚を活性化し情熱を高めます。怒りをコントロールする作用もあります。とくに自分の怒りに対しては有用です。

浄化方法
流水にさらさせたり、日光に当てたりして浄化させるとパワーアップします。ただし、クリスタルによる浄化をするとよりきれいになります。





posted by Ishii at 19:48| Comment(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。