2014年05月03日

シトリン、意味、効果


DSC_0364.JPG

11月の誕生石でもあるシトリンは、イオンによって黄色から褐色に発色した、黄色い水晶のことをさします。美しさもさることながら、幅広い使い道もあり、すぐれたヒーリングストーンとしても用いられています。特に人間関係の改善や、体調不良の改善に力を発揮してくれます。また、黄色い水晶ということから金運、財運、事業運を高める効果があるとして使われていました。ただし、多くの宝石店やパワーストーンショップでは、アメシストや水晶に加熱した商品がシトリンとして流通しています。自然色のシトリンはむしろすくないので、購入の際には注意しましょう。

シトリンは感情とそれに影響を受けた体調をすみやかに解消するパワーストーンです。感情を冷静にコントロール想像力やムダなエネルギーを抑えてくれます。と同時に意欲が衰えている場合には、適度の欲望や想像性をもたらせてくれます。職場や家庭、恋愛や対人関係による、様々なストレスの緩和に最適な現代人のためのパワーストーンです。

人間関係やコミニュケーションが不得意な人へ、仲直りしたいときに、商売運、ビジネス運、金運アップのお守りとして持ち歩くとよいでしょう。健康には胃腸と脾臓の不調に。










posted by Ishii at 18:40| Comment(0) | シトリン | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。